5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

海未「ホノカ探し・・・?」 [無断転載禁止]©2ch.net

1 :名無しで叶える物語(もみじ饅頭)@無断転載は禁止:2017/06/12(月) 19:24:14.63 ID:o0IKy1p2
天気は雲一つない・・・

海未「まさに!快晴ですね!!」

ジメジメしたこの6月・・・梅雨も始まろうかとしていた時期にこの天気・・・!

海未「穂乃果ほどではないですが、気分も高まりますね!!」

穂乃果「本当だよ!!雨もずっと続いてたし、これで思う存分練習出来るよ!!」

ことり「穂乃果ちゃぁ〜ん!!」

海未「あぁっ!穂乃果走らないで待ってくださいよ!!」

私にとっての何よりの太陽は穂乃果の笑顔でした

2 :名無しで叶える物語(庭)@無断転載は禁止:2017/06/12(月) 19:30:02.01 ID:RaI/b4GT
期待

3 :名無しで叶える物語(もみじ饅頭)@無断転載は禁止:2017/06/12(月) 19:31:06.62 ID:o0IKy1p2
『え〜よって、ここの問題は・・・』

穂乃果「ふんふふ〜ん♪」

海未「全く・・・」

授業中だというのに穂乃果は上の空です。

全く、練習まではまだまだ時間があるというのに・・・

「うみちゃぁ〜ん・・・うみちゃぁ〜ん・・・!!」

海未「?」

どこからか、私の名前を呼んでいる声が聞こえますが・・・?

海未「何をしているんですか・・・」

声の主はことりでした。ことりまで一体何をしているんでしょうか・・・

海未「どうしたんですか?あまり、大きな声は出せませんから手短に?」

ことり「何でもないけど・・・今日の練習楽しみだねっ?」

海未「それだけですか・・・」

私にとって太陽は2つ存在するようです

4 :名無しで叶える物語(もみじ饅頭)@無断転載は禁止:2017/06/12(月) 19:37:16.68 ID:o0IKy1p2
『じゃ、今日の授業はここまでね?明日の予定は・・・』

海未「・・・」

心なしか私までウズウズしてきました...普段なら先生の話は聞くのですが......

キーンコーンカーンコーン

穂乃果「きたっ!!れんっしゅうだーっ!!!」

『おい、こら!!高坂・・・仕方ない奴だな本当に』

海未「先生、すいません。穂乃果も悪気はなくてただ・・・」

『わかってるよ、園田。しっかりとこれからも南と園田で高坂を見守るんだぞ?いいな?』

ことうみ「はい!!」

ことり「フフッ♡」

海未「ことり...本当に頼みますよ?私一人ではとても抑えきれませんから・・・」

ことり「分かってますよ?♡じゃあ、海未ちゃん!行こっ?!」

こちらの太陽も負けていませんね・・・

5 :名無しで叶える物語(もみじ饅頭)@無断転載は禁止:2017/06/12(月) 19:42:38.71 ID:o0IKy1p2
穂乃果「はっじめよーっ!!!!!」

真姫「ゔぇえ?!な、何?!この声!!」

希「今日も穂乃果ちゃんはやる気満々やね」

海未「全く・・・元気がありすぎるのも本当に怖いです」

絵里「まあまあ、海未?ちゃんと私もフォローするから安心して?」

海未「...まともな人がもう一人いて良かったです・・・」

絵里「ちょ、ちょっと!海未?!泣くほどのことなの?!」

凛「海未ちゃん、何泣いてるにゃー?さっさと練習にゃー!!!」

花陽「凛ちゃん、今日も元気いっぱいだね!!」

花陽「でも、凛ちゃん怪我するからあんまりはしゃぎすぎないようにね?」

凛「わかってるにゃ!!」

花陽も大変ですね・・・

6 :名無しで叶える物語(もみじ饅頭)@無断転載は禁止:2017/06/12(月) 19:47:40.24 ID:o0IKy1p2
絵里「まずは、ストレッチからよ!!」

にこ「痛たたっっ!痛いってば!!真姫!もう少し優しくしなさいよ!!」

真姫「にこちゃんが固すぎるだけなんじゃない?」

にこ「なっ!!み、見てなさい!!ほ、ほらっ?!ちゃ、ちゃんと伸びてる....で...でしょ・・・?」

希「にこっち、そんなに威張らなくてもええやん?」

にこ「い、威張ってなんか・・・!!うわあっ!!」

真姫「ちょっ!!にこちゃ・・・!!あぶなっ!!」

ドタンッ

凛「あ〜あ、二人とも何やってるにゃ〜・・・」

絵里「ちょ、ちょっとふたりとも大丈夫?!」


どうやら、今日の部活も楽しくなりそうです

7 :名無しで叶える物語(もみじ饅頭)@無断転載は禁止:2017/06/12(月) 19:58:17.49 ID:o0IKy1p2
海未「それでは・・・!!張り切っていきましょう!!」

海未「ワン・ツー・スリー・フォー!!ワン・ツー・スリー・フォー!!」

ついつい普段より、合いの手の音がでかくなってしまいます

私も、まだまだ子どもですね・・・これではダメです!私がしっかりしなければ!!

穂乃果「ジャーン!!うん!!バッチリだよ!!!やっぱり練習楽しいね!!」

絵里「穂乃果、気合入ってるわね〜!!」

穂乃果「あったりまえだよ?!部活出来てなかったんだよ?!これからずっと出来るって考えただけで!!く〜っ!!」

海未「穂乃果?まだ、梅雨には入ってませんよ?」

穂乃果「えっ?!・・・もう、嫌だよー!!!練習やりたいの!!」

凛「穂乃果ちゃん、まるで赤ちゃんにゃ」

希「穂乃果ちゃん、ちょっと可愛いかも♡」

海未「ま、今日は練習を思いっきりやって楽しみましょう!!」

今日ぐらい私も、気持ちを緩めていいですよね?

8 :名無しで叶える物語(もこりん)@無断転載は禁止:2017/06/12(月) 19:59:42.43 ID:/uFFLqAb
ホラー系かと思った

9 :名無しで叶える物語(湖北省)@無断転載は禁止:2017/06/12(月) 20:02:09.41 ID:H6xQifLf
ウォーリーを探せてきなものを海未ちゃんがうきうきでやるのかと思った

10 :名無しで叶える物語(もみじ饅頭)@無断転載は禁止:2017/06/12(月) 20:04:31.64 ID:o0IKy1p2
絵里「じゃあ、練習はここまでにしましょう。急に動いたからちゃんと体を休めてね?」

穂乃果「えぇ〜っ?!そんなの嫌だよ〜!!やろうよやろうよ〜!!」

真姫「穂乃果どれだけ体力残ってるのよ・・・」

凛「流石の凛ももう、動けないにゃー!!」

花陽「私も、もう限界ですぅ〜.....」

ことり「穂乃果ちゃん、動きすぎて怪我しても大変だよ?」

穂乃果「いいの!!やるったらやる!!」

海未「穂乃果、これ以上はもうやめて...そうですね、みんなでこの後少し遊びませんか?」

にこ「海未っ?!」

海未「はい?」

凛「はい?じゃないにゃ〜!!」

海未「?」

私は一体何をしたのでしょうか?皆からの目線がいつもと違いますが・・・

11 :名無しで叶える物語(もこりん)@無断転載は禁止:2017/06/12(月) 20:07:04.92 ID:CqWVw5Mf
スレタイでカラダ探しを思い出した

12 :名無しで叶える物語(もみじ饅頭)@無断転載は禁止:2017/06/12(月) 20:09:54.16 ID:o0IKy1p2
真姫「あの海未がね〜?」

希「まさか、海未ちゃんから誘ってくるとは・・・」

穂乃果「よ、世の終わりだ・・・!槍でも剣でも降ってくるんじゃ・・・!!」

海未「何ですか・・・そんなことですか...たまには、いいじゃないですか?みんなで遊ぶっていうのも」

絵里「いえ・・・海未にもそういう感情はあったのね。なんだか安心したわ」

海未「え、絵里まで・・・!!みんな、ひどいですよ!!一体私を何だと思って・・・!」

にこ「鬼」

希「怖い」

真姫「般若」

絵里「上司」

凛「強面教官」

花陽「しっかり者の先輩」

ことり「壁」

穂乃果「恐怖以外の何物でもないよ」

海未「」

誘うんじゃなかったです・・・

13 :名無しで叶える物語(もみじ饅頭)@無断転載は禁止:2017/06/12(月) 20:25:29.73 ID:o0IKy1p2
絵里「チーズハンバーガー3つお願いします!!」

海未「絵里はまた買ってるんですか・・・」

私達が勧めたファストフードにすっかりハマってしまったようです・・・絵里、すいません

希「d8e\kbkfud0g:.......」

凛「希ちゃん、またハンバーガーに呪文唱えてるにゃ」

穂乃果「アンブラカタブラジャブラブラ・・・ウミチャンコワイ...チチンプイプイ・・・」

にこ「穂乃果...ププッ地味に聞こえてるわよ・・・ククッ」

花陽「穂乃果さんっ・・・笑っちゃダメだけど・・・クスッ」

海未「穂乃果、全部聞こえてますから?」

穂乃果「ヒィーッ!!海未ちゃん!!勘弁してください!!」

真姫「何してるのよ・・・」

14 :名無しで叶える物語(もみじ饅頭)@無断転載は禁止:2017/06/12(月) 20:33:27.95 ID:o0IKy1p2
穂乃果「最下位の人はみんなにジュース一本ずつおごりだよ〜っ?!」

凛「負けてられないにゃっ!!」メラメラ

凛「えいにゃっ!!」

ガターンカランカラン...ストライッックッ!!!

穂乃果「すごいよ!!すごいね、凛ちゃん!!ストライクだよっ!?ストライク!!穂乃果、テレビでしか見たこと無いよ?!」

凛「えっへへ〜///そうでもないにゃ!!」

絵里「じゃあ、次は私達3年生の出番ね?」

希「まずは、私達から行くやん?」

希「おまじない・・・っと」

ガターンカランカラン...ストライッックッ!!!

絵里「希・・・すごいわね!!」

海未「希!何したんですか?!ガターから浮き上がって行きましたよ?!」

希「ヒ・ミ・ツ♡やん?」

海未「それでは、私の出番ですね?!」

ヒュッ...


私の、財布はダイエットをすることに成功しました......

15 :名無しで叶える物語(もみじ饅頭)@無断転載は禁止:2017/06/12(月) 20:39:22.83 ID:o0IKy1p2
ボウリングの後みんなで神社に行きそこでお開きになりました

絵里「じゃあ、気をつけてね?行きましょ希、にこ」

凛「今日はありがとうにゃー!!2人とも?行こっ!」

ことり「今日は海未ちゃんありがとうね!!楽しかったよ!!」

穂乃果「あの、海未ちゃんのボウリングのガターって言ったら・・・プーックスクス」

海未「もう!!言わないでください・・・!!」

ことり「そ、そうだよ...穂乃果ちゃ・・・クスッ...アハハッ!」

海未「もう!ことりまで!!一体何なんですかぁっ〜!!」

ことり「じゃあ、楽しかったよ?海未ちゃん穂乃果ちゃん!バイバイ!また、明日ね!!」

穂乃果「ことりちゃんまた明日ね!!」

海未「気をつけてくださいよ〜!!」

穂乃果「海未ちゃん!今日は楽しかったよ?ありがとうね!!また、明日!!」

海未「はい!穂乃果!!また、明日です!!」

そう言って彼女は私の 〚奢った〛缶ジュースを頬につけ笑顔で帰っていきました

海未「本当に楽しかったです・・・また、明日...ですね?」

16 :名無しで叶える物語(もみじ饅頭)@無断転載は禁止:2017/06/12(月) 20:43:14.01 ID:o0IKy1p2
天気は昨日とは打って変わって大雨

梅雨を代表するような大雨です

海未「この雨では、集合は出来ませんね・・・2人には言っておかなければ・・・」

海未:今日は大雨なので個人でいくことにしましょう 既読2

ことり:了解♡

海未「・・・?おかしいですね、いつもなら穂乃果は返信するんですが・・・まあ、いいですか」

時間も時間・・・早く行かなければ

17 :名無しで叶える物語(もみじ饅頭)@無断転載は禁止:2017/06/12(月) 20:46:50.90 ID:o0IKy1p2
学校に着くとそこに穂乃果の姿はありませんでした

海未「穂乃果・・・遅刻ですかね・・・」

1時間目が始まっても穂乃果は学校には来ませんでした

ことり「海未ちゃん、穂乃果ちゃんどうしたのかな?」

海未「わかりません・・・一体どうしたんでしょうか?何も無ければ良いのですが・・・」

なぜでしょうか、なんでこんなにも心配してしまうのでしょうか?

ただの風邪ならいいんですが・・・

『え〜、だからここの答えは・・・』

ことり「・・・」

ことりは、窓に吹き当たる大雨をボーっと見つめていました

なんだか、この時間が永遠に続くようでした

18 :名無しで叶える物語(もみじ饅頭)@無断転載は禁止:2017/06/12(月) 20:50:52.45 ID:o0IKy1p2
凛「大雨にゃー・・・練習出来ない〜!!」

真姫「もう、凛・・・穂乃果が居ないと思ったら次は凛が暴れるの?」

絵里「仕方ないわねぇ〜・・・この時期だから」

海未「昨日あっての今日ですから...気落ちしてしまいますね」

希「じゃあ?ウチが面白い話してあげよっか?」

にこ「いいんじゃない?なんでもいいから暇つぶししましょ」

海未「・・・?」

何故でしょう・・・やけに寒気がするのは気のせいでしょうか・・・?

希「学校の都市伝説なんやけどね・・・」

19 :名無しで叶える物語(もみじ饅頭)@無断転載は禁止:2017/06/12(月) 20:51:31.53 ID:o0IKy1p2
希「朱色の子・・・って知ってる?」

20 :名無しで叶える物語(もみじ饅頭)@無断転載は禁止:2017/06/12(月) 20:54:18.03 ID:o0IKy1p2
にこ「あかいろのこ・・・?何よそれ」

凛「凛、知ってるにゃ!!学校にはある都市伝説の1つのやつだよね?」

希「お!凛ちゃんよく知ってるやん?」

希「その子はね・・・?」

海未「・・・!!」ゾクッ...

この、寒気は何なんですか・・・ずっと誰かに見られているような気がします・・・

窓に吹き付ける雨と風が味を出しながら希は話を始めました

21 :名無しで叶える物語(もみじ饅頭)@無断転載は禁止:2017/06/12(月) 20:57:23.45 ID:o0IKy1p2
                ホノカ探し

22 :名無しで叶える物語(もみじ饅頭)@無断転載は禁止:2017/06/12(月) 21:01:34.00 ID:o0IKy1p2
朱色の子

それを見たものは学校を出るまで振り返ってはならない

それを見たものは死ぬ

周りに感染する

記憶が消される

時間が止まる

死ぬ痛みを感じる

助けて・・・

助けることは出来ない

都市伝説2

身体サガシ

突然頼まれる

断ることは出来ない

死ぬことは出来ない

止まることはない

永遠に・・・

23 :名無しで叶える物語(もみじ饅頭)@無断転載は禁止:2017/06/12(月) 21:06:00.81 ID:o0IKy1p2
真姫「バカバカしいわね・・・」

にこ「そんな都市伝説信じないわよ、今頃」

絵里「そんなもの、頼まれてもどうすればいいのよ・・・」

凛「絵里ちゃんビビってるにゃ〜?」

絵里「な、なわけないでしょ?!」

花陽「でも、実際そんなことが身に起きたらって思うと・・・怖くなっちゃうよね・・・」

バン!!!

海未「もう、この話は終わりです!!!やめて、他の話をしましょう?!」

7人「・・・」ポカーン

それ以上聞きたくありませんでした

全身の震えが止まりません・・・私はどうやら、ただ単に怖い話が苦手なようです

24 :名無しで叶える物語(もみじ饅頭)@無断転載は禁止:2017/06/12(月) 21:11:20.95 ID:o0IKy1p2
ことり「海未ちゃん?うわっ!雨ひどいね〜大丈夫?」

海未「ことり・・・ことりは希の話を信じますか・・・?あの都市伝説のこと」

ことり「海未ちゃん・・・?ど、どうしたの・・・?」

よっぽど、私は真剣な表情をしていたようですね・・・ことりの表情が物語っています

ことり「そ、そんなこと言われたって・・・私も怖かったんだもん...震えも止まらないし・・・」

海未「ことりもですか・・・どうやら私達は怖い話が苦手なようですね」

ことり「そ、そうだよね・・・苦手なんだよね・・・私達・・・」

ことりは、私と顔をあわせず表情も変えぬまま話を続けていました

それから、私たちは初めて無言で帰りました

25 :名無しで叶える物語(もみじ饅頭)@無断転載は禁止:2017/06/12(月) 21:17:09.04 ID:o0IKy1p2
園田家

海未:穂乃果? 既読

海未:体調は大丈夫なんですか? 既読

海未: 携帯ばっかり見ていると気分を悪くしますよ? 既読

海未:明日の時間割はですね・・・ 既読

海未:穂乃果?!ふざけているんですか?! 既読

海未:風邪は大丈夫なのですか?!からかっているんですか?!穂乃果!!? 既読

海未「くっ・・・穂乃果は何をからかっているんです・・・?!こうなればスタンプを大量に送りつけて!!」

海未:ヽ(`Д´)ノプンプン既読
海未:ヽ(`Д´)ノプンプン既読
海未:ヽ(`Д´)ノプンプン既読
海未:ヽ(`Д´)ノプンプン既読
海未:ヽ(`Д´)ノプンプン既読

海未:もう知りません!!!



既読

26 :名無しで叶える物語(もみじ饅頭)@無断転載は禁止:2017/06/12(月) 21:24:31.21 ID:o0IKy1p2
天気は・・・曇天ですね

海未:ことり、穂乃果、いつもの場所にいつもの時間で 既読2

ことり:了解

海未「穂乃果・・・何をしているんです?」

ことり「海未ちゃん!!おはよう!!」

海未「ことり?穂乃果のことを何か知っていますか・・・?」

ことり「・・・!」

ことりの表情が一瞬で固くなりました。ことりはそれから私が声をかけるまで動きませんでした

ことり「海未ちゃんも・・・何かあったんだよね・・・?」

そこで、私たちは情報を共有しました

私たちは全く同じ状況でした。既読はついて返信はこないまま・・・

ことりの顔をよく見ると少しだけクマが出来ているように見えました

そのまま、ことりと2回目の無言のやり取りをしました

天気は曇天

海未「この天気は一体どちらに傾くのでしょうか・・・」

下駄箱には大勢の人が集まっています

27 :名無しで叶える物語(茸)@無断転載は禁止:2017/06/12(月) 21:26:18.36 ID:netwzhHK
期待

28 :名無しで叶える物語(もみじ饅頭)@無断転載は禁止:2017/06/12(月) 21:32:17.53 ID:o0IKy1p2
穂乃果の姿は無い・・・そう思い込みクラスに入りました

海未「穂乃果っ・・・!!」

私の心の天気は日本晴れです

ことりも同じリアクションをしていました

海未「穂乃果!昨日は何で返信をよこしてくれなかったんです?!」

ことり「そうだよ?穂乃果ちゃん?心配したんだからね?」

その時でした。後ろからガラスにヒビが入るような高音の叫び声が聞こえてきました

「だれかたすけてええええっっっっ!!!」

海未「?!花陽の声?!はなよの声ですよね?!ことり?」

ことり「う、うん!!今の声は!!」

一目散に走っていきました

海未「・・・・・」

息を飲みました

海未「な、何をしているんです・・・」

さっきまでクラスにいたはずなのに・・・?

ホノカ「ねえ、海未ちゃん..........」

海未「・・・あっ・・・うあ・・・・」ガクッ






ホノカ「私のカラダ...................探して.....?」ニヤッ

29 :名無しで叶える物語(もみじ饅頭)@無断転載は禁止:2017/06/12(月) 21:33:03.27 ID:o0IKy1p2
               ホノカサガシ

30 :名無しで叶える物語(もみじ饅頭)@無断転載は禁止:2017/06/12(月) 21:33:38.73 ID:o0IKy1p2
一旦、ここまでです

31 :名無しで叶える物語(わんこそば)@無断転載は禁止:2017/06/12(月) 21:47:09.11 ID:9A7gEUI3
Comming soon …

32 :名無しで叶える物語(茸)@無断転載は禁止:2017/06/12(月) 21:47:14.63 ID:AuD7P6z8
ちょっとよくわからないから続けてくれないか?

33 :名無しで叶える物語(もみじ饅頭)@無断転載は禁止:2017/06/12(月) 21:52:37.29 ID:o0IKy1p2
>>13
花陽「穂乃果さんっ・・・笑っちゃダメだけど・・・クスッ」 ×

花陽「穂乃果ちゃんっ・・・笑っちゃダメだけど・・・クスッ」 ○

34 :名無しで叶える物語(もみじ饅頭)@無断転載は禁止:2017/06/12(月) 21:58:54.23 ID:o0IKy1p2
>>32
わかりました
もうちょっと後から書き始めます

35 :名無しで叶える物語(茸)@無断転載は禁止:2017/06/12(月) 22:00:19.56 ID:Yi0SDVqC
原作みてぇな文章力してんな

36 :名無しで叶える物語(もみじ饅頭)@無断転載は禁止:2017/06/12(月) 22:05:54.24 ID:o0IKy1p2
>>35
もちろん、コピペではないですよ
それと、今書いているのでもう少しだけ待ってください

37 :名無しで叶える物語(もみじ饅頭)@無断転載は禁止:2017/06/12(月) 22:25:46.05 ID:o0IKy1p2
海未「・・・あっ・・・うあ・・・・」ガクッ

海未(の、希の話の・・・!!身体サガシ・・・!!!)

ホノカ「私のカラダ...................探して.....?」ニヤッ

海未「ほ、穂乃果・・・?穂乃果?冗談・・・ですよね・・・?昨日の話を聞いて・・・?か、からかうのもいい加減に・・・」

海未「・・・!!!」

そうだ・・・昨日の話の時・・・穂乃果はあの部屋に・・・・・・

ふっと、希の話がフラッシュバックした・・・

~~~~~~~~~~~~~~

希{突然頼まれる.....断ることは出来ない.........}

~~~~~~~~~~~~~~

海未「ほの・・・」

ガシッ

海未「あぐっ・・・!」

両腕を穂乃果に掴まれるともう動けなかった・・・穂乃果にこんな力・・・

人間は恐怖に直面すると動けないというのは本当だった あの穂乃果相手に全く動けなかった

ホノカ「海未ちゃん・・・私のカラダ...................探して.....?」

そこにいたのはもう穂乃果ではない別の〚ホノカ〛だった

目はどこを向いているかもわからず顔色も人間とは思えないほどだった

海未「あっ・・・」ガクッ

私は、その場に崩れ落ちた

廊下で花陽と2人、動くことができなかった

38 :名無しで叶える物語(もみじ饅頭)@無断転載は禁止:2017/06/12(月) 22:29:02.44 ID:o0IKy1p2
「キャアアアッッ!!」

海未「あ・・・」

ことりの声だった

あの様子だと同じ状況なのだろう、ダメだ動けない

海未「ことり・・・待っていてください・・・」ガクガク

立つことも出来ない・・・あれ?嘘でしょう・・・

早く動いてくださいよ・・・?ねぇ?私の脚はどうしてしまったんです・・・?

お願いですから・・・ことりが待ってるんですよ・・・?

ううっ・・・うう・・・

海未「うわああああああっっっ!!!」

39 :名無しで叶える物語(もみじ饅頭)@無断転載は禁止:2017/06/12(月) 22:37:16.09 ID:o0IKy1p2
ん・・・?暖かい・・・?

ギシギシ・・・

なるほど、ベッドですか・・・

よかった夢だったんですね

ま、それもそうですよね・・・そんなことが現実にあるはずがないですもんね?

所詮、都市伝説ですから・・・

あれ・・・?なんで、花陽が隣で寝ているんですか・・・?

私の家・・・ですよね・・・?

私は、今夢を見てたんですよね・・・?長い長い夢を?

夢、なんですよね?

『おーい、園田?大丈夫か〜?起きてるか〜?お、目開いたな』

海未(今の声は・・・?)

『やっと、気がついたか・・・お前は倒れてたんだぞ?3時間も廊下に大の字でな?』

廊下・・・?何を言って・・・ここは私の家・・・

花陽・・・?絵里・・・?希・・・?にこ!真姫!!凛!!!

ことり!!!!!みんな、なんでこんなところで寝て・・・!!

海未「先生・・・ここは一体・・・?」

『はぁ?園田、何を寝ぼけてるんだお前は?ここは保健室』



『学校だ』

40 :名無しで叶える物語(もみじ饅頭)@無断転載は禁止:2017/06/12(月) 22:47:24.71 ID:o0IKy1p2
私が起きて5分ぐらいすると、みんなも起きてきました

こんなに、長く寂しい5分は初めてです......

起きるとみんな私と同じような反応でした・・・それもそうですよね

『高坂だけは、来てないようだな・・・お前たち大丈夫か?なんか集団で変なものでも食ったんっじゃ?』

絵里「頼まれちゃったみたいね・・・身体サガシ・・・私達が・・・」

海未「そのようですね・・・絵里、もう気分は落ち着いたのですか?」

絵里「落ち着いてはいないけど・・・とにかく、ずっと焦ってても仕方ないわ・・・」

『お前ら、今日はもう帰れ。何か様子がおかしいからな。とりあえず、学校から逃げろ』

海未「分かりました。先生、お言葉に甘えて早退させていただきます」

私達8人は一度学校を出た

校門まで出る途中私は後ろを向くことが出来ませんでした

おそらく、それは8人全員に言えることでしょうが・・・

信号を渡って学校を過ぎても誰一人として後ろを振り返りませんでした

41 :名無しで叶える物語(もみじ饅頭)@無断転載は禁止:2017/06/12(月) 22:56:39.05 ID:o0IKy1p2
ファミレス

海未「・・・」

沈黙が何分続いたでしょうか・・・店員さんには変な集団と思われたかもしれませんね

希「都市伝説・・・」

最初に口を開いたのは希でした

希「都市伝説・・・話したまんまやね」

にこ「ねぇ......みんな見たものは同じなの?」

海未「みんな、一度話を合わせましょう」

1人、また1人と話をしていった

全員、話す内容は同じだった、唯一違う場所といえば遭遇した場所ぐらいでした

ただ一人、いつまでも口を開けないでずっと下を向いて・・・

凛「・・・」ブルブル

絵里「凛・・・何があったの?大丈夫-------」

絵里が声をかけた瞬間でした

凛「凛.....みんなと違ってトイレに行ってたら・・・」

海未「・・・嘘・・・ですよね・・・?」

凛以外、口を開けたままでした

42 :名無しで叶える物語(もみじ饅頭)@無断転載は禁止:2017/06/12(月) 23:01:48.78 ID:o0IKy1p2
トイレ

凛「〜〜♪」カランカランカラン

スッ...

凛「にゃっ?!何にゃ?!今、何かが通ったような・・・」

「...........して..............」

凛「?!」ビクッ

凛(凛以外、居ないはずなのに・・・?!)

振り返ってみた・・・

シーン...

凛「何だ・・・気のせいだったのか・・・もう!希ちゃんがあんな話するから!!」プンプン

ジャーッ・・・

凛「これだから、すぴりちゅあるは信じられ-----------」

ガシッ

ホノカ「凛ちゃん.............私のカラダ...................探して.....?」ニヤッ

43 :名無しで叶える物語(もみじ饅頭)@無断転載は禁止:2017/06/12(月) 23:09:46.07 ID:o0IKy1p2
凛「怖かったよゔ・・・ゔんっ…ヒグッ……ウッ……ウッ…」ボロボロ

絵里「怖かったのね・・・凛だけ・・・そんな目に・・・」ヨシヨシ

にこ「でも、これでわかったことがあるわね・・・」ブルブル

にこは冷静に話をしているように見えても震えていました

にこ「一人ひとりのもとにホノカが現れたっていうこと」

希「そうやんね...都市伝説は都市伝説やなかったんやね・・・」

海未「じゃあ、今までの穂乃果はどうなるんですか?!」

ことり「そうだよ!穂乃果ちゃんは一体どうなっちゃうの?!」ボロボロ

ことり・・・私も泣きたいです・・・

44 :名無しで叶える物語(もみじ饅頭)@無断転載は禁止:2017/06/12(月) 23:09:46.47 ID:o0IKy1p2
凛「怖かったよゔ・・・ゔんっ…ヒグッ……ウッ……ウッ…」ボロボロ

絵里「怖かったのね・・・凛だけ・・・そんな目に・・・」ヨシヨシ

にこ「でも、これでわかったことがあるわね・・・」ブルブル

にこは冷静に話をしているように見えても震えていました

にこ「一人ひとりのもとにホノカが現れたっていうこと」

希「そうやんね...都市伝説は都市伝説やなかったんやね・・・」

海未「じゃあ、今までの穂乃果はどうなるんですか?!」

ことり「そうだよ!穂乃果ちゃんは一体どうなっちゃうの?!」ボロボロ

ことり・・・私も泣きたいです・・・

45 :名無しで叶える物語(もみじ饅頭)@無断転載は禁止:2017/06/12(月) 23:21:03.07 ID:o0IKy1p2
絵里「状況をまとめましょう・・・ずっと泣いてても仕方がないわ」

絵里「メモ用紙っ・・・!」ビリッ

そういって絵里はノートを破いて今起きていることすべてを書き始めました

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一人ひとりの目の前にホノカが現れる

出現、場所、時間は不明

μ’s以外のメンバーには分からない

都市伝説は一部事実

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

希「そうなると、穂乃果ちゃんは一体何があってああなったんやろか・・・」

絵里「わからないわ、一旦穂乃果は置いときましょう助ければならないけど」

花陽「ということは始まっちゃうわけなんだよね・・・」

海未「・・・?」

花陽「身体サガシが・・・」

「・・・!!!」

全員の動きが止まり・・・

8人、いや、この世界全てが一瞬で凍りついた気がします・・・この瞬間だけでも

私達だけしか、生きていない。

そんな、錯覚に

46 :名無しで叶える物語(茸)@無断転載は禁止:2017/06/12(月) 23:51:15.51 ID:DO9WCSSp
真姫「アハハハハッ!!」

7人「!!」ビクッ

海未「ま、真姫?!」

真姫がおかしくなってしまったのかと思った

次の真姫の発言を聞き、納得出来た

真姫「みんな?確かに皆の目の前にホノカが現れたのは間違いないわ確かに」

47 :名無しで叶える物語(茸)@無断転載は禁止:2017/06/12(月) 23:52:09.93 ID:DO9WCSSp
真姫「けど、実際身体サガシをやるとは決まってないわ?そうでしょ?」

真姫「今まで、穂乃果は私達といた・・・まず、そんなこと信じなくたっていいわよ。」

真姫「何かの間違いよ、ま〜ち〜が〜い、気にしすぎなのよみんな」

真姫「所詮は都市伝説よ?もう、忘れて帰りましょ?一旦落ち着いて」

凛「そ!そうだにゃ!!きっと凛たち昨日の練習で疲れてたんだにゃ!!帰ろう?!ねっ?帰ろう?ねーっ?」

48 :名無しで叶える物語(茸)@無断転載は禁止:2017/06/12(月) 23:52:54.67 ID:DO9WCSSp
海未「都市伝説・・・ですもんね?」

海未(確かに、真姫そのとおりですよね?所詮は都市伝説...都市伝説なんですよね?)

じゃあ、あのホノカは一体何だったのでしょうか?

49 :名無しで叶える物語(茸)@無断転載は禁止:2017/06/12(月) 23:53:37.55 ID:DO9WCSSp
海未「痛っ・・・!!」

なんでこんなに、腕が痛むんでしょう・・・最近こけてもいないのに・・・ましてや、両腕?

ガシッ

海未「!!」

ガシッ

ガシッ

ホノカ「海未ちゃん・・・私のカラダ...................探して.....?」 ニヤッ

真姫・・・?都市伝説・・・なんですよね・・・??

50 :名無しで叶える物語(茸)@無断転載は禁止:2017/06/13(火) 00:00:53.04 ID:oNJJMWrJ
この腕の痛みも全部幻…なんですよね…?

今日は何も起きてなかったんですよね?

絵里「そ、そうよ!都市伝説よっ!都市伝説!!気にしないのよみんな!!」

あぁ…絵里もそう思ってましたよね…やっぱり……あり得ませんもんね…

希「そ、そやね…」

希もそう思いますよね…

花陽「うん…!」

花陽も…

にこ「まぁ、幻だったのよね?」

そうですよ、にこ…全部幻…だった…んですよね…

ことり「…」グスッ

あぁことり、そんな表情しないでください…

海未「だって、全部幻なんですから………」ボロボロ…

なんで、私は泣いてるんですか…幻…全部幻なのに…

お願いですから私…泣かないで下さい…

51 :名無しで叶える物語(茸)@無断転載は禁止:2017/06/13(火) 00:09:44.84 ID:oNJJMWrJ
穂乃果(海未ちゃん?)ニコニコ

穂乃果(海未ちゃん!今日は楽しかったよ?ありがとうね!!また、明日!!)

海未「穂乃果……!!」

海未「ほのかあああっっ!!ウウッッ…ウワアア…グスッ…グスッ……」ボロボロ…



やけに、リアルな幻ですね……

52 :名無しで叶える物語(茸)@無断転載は禁止:2017/06/13(火) 00:15:15.26 ID:oNJJMWrJ
その日みんなは都市伝説だと言い聞かせて帰宅した

凛と花陽と真姫は一緒に泊まるそうです

絵里と希とにこも泊まるそうですし…

海未「ことり、今日は一緒にお泊まりして気を取り戻しましょう!?」

ことり「うん……うんっ!!そうだね!」ニコッ

引きつったことりの笑顔が胸に刺さります…



都市伝説だと信じて寝た夜……

現実を知ってしまいました・・・

始まるんですね…

53 :名無しで叶える物語(茸)@無断転載は禁止:2017/06/13(火) 00:15:46.78 ID:oNJJMWrJ
ホノカ探し

54 :名無しで叶える物語(茸)@無断転載は禁止:2017/06/13(火) 00:17:09.14 ID:oNJJMWrJ
今日はここまでです

途中茸に変わりましたが規制されて変えただけで同じもみじなんで気にしないでください

続きはまた今日の夜ぐらいにでも

55 :名無しで叶える物語(SB-iPhone)@無断転載は禁止:2017/06/13(火) 00:20:41.82 ID:VDqS4Oom

楽しみにしてるぜ

56 :名無しで叶える物語(笑)@無断転載は禁止:2017/06/13(火) 01:16:24.17 ID:wxgUBj++
期待支援

57 :名無しで叶える物語(笑)@無断転載は禁止:2017/06/13(火) 01:30:13.16 ID:3Gc7i51p
しえん

58 :名無しで叶える物語(もみじ饅頭)@無断転載は禁止:2017/06/13(火) 01:31:40.70 ID:t5iKaAsq
どうせ穂乃果の股間を発見したμ'sが我慢出来ずにペロペロしてあっあっあっ!な展開でしょう?

59 :名無しで叶える物語(庭)@無断転載は禁止:2017/06/13(火) 06:31:48.51 ID:JvaqL3WY


60 :名無しで叶える物語(茸)@無断転載は禁止:2017/06/13(火) 08:38:16.87 ID:JuJjeekE
>>36
すまんこれ皮肉

61 :名無しで叶える物語(茸)@無断転載は禁止:2017/06/13(火) 10:50:48.95 ID:tal/e21L
ハノケ探し…

62 :名無しで叶える物語(やわらか銀行)@無断転載は禁止:2017/06/13(火) 18:23:42.04 ID:2jm6+YRR


63 :名無しで叶える物語(もみじ饅頭)@無断転載は禁止:2017/06/13(火) 19:54:16.89 ID:xRX0B5p0
~園田家~

ピンポーン

海未「お、来ましたね」

ことりのチャイムはことりの声と一緒でどこか優しく聞こえます、押し方が優しいのでしょうか?

海未「はいはーい」ガチャ

ことり「海未ちゃん、来ちゃった」

海未「さ、入ってください。ちょうどことりとババ抜きがしたかった気分なんです」

ことり「え・・・?」

ことりの表情は帰り道の引きつった笑顔と同じ顔を見せました

私と遊ぶのはそんなに嫌なのでしょうか?

まあ、せっかくの泊まり!ことりと穂乃果と楽しみますか!!

64 :名無しで叶える物語(もみじ饅頭)@無断転載は禁止:2017/06/13(火) 20:05:22.09 ID:xRX0B5p0
海未「穂乃果も誘いましょう!!せっかくのお泊りなので!!」

ことり「・・・海未・・・ちゃん?」

海未「はっ・・・!!」

何を考えているんでしょうか・・・

都市伝説は都市伝説でも穂乃果の様子は確かにおかしかったですし・・・

何より今日の泊まりは穂乃果のことは幻だったと証明するためのお泊りでもあるのですから!

海未「なら、ことり?!μ’sのみんなも泊まっているようですし、少し会話をしませんか?」

ことり「ことりも考えてたよ?海未ちゃんも同じこと考えてたんだね!!」

久しぶりにことりの心からの笑顔を見たような気がします

海未「それでは・・・!!」スッ

【μ’s】(9)

海未:皆さんは今、何をしてます? 既読2

ことり:今、私は海未ちゃんとお泊りだよ〜? 既読2

海未「フフっ...」

みんなは既読をつけると必ず返事をくれますから・・・

早く、皆の返事が待ち遠しいです

65 :名無しで叶える物語(もみじ饅頭)@無断転載は禁止:2017/06/13(火) 20:14:44.30 ID:xRX0B5p0
海未「・・・お!!」

最初の返信は絵里でした

絵里:海未とことりは2人でお泊まりなのね? 既読3

ことり:そうだよ!!絵里ちゃんは希ちゃんとにこちゃんだよね? 既読8

にこ:まあ、にこは一人でも良かったんだけどね? 既読8

海未「にこは素直ではありませんね・・・」クスッ

ことり「本当だねっ!にこちゃんこういうところが可愛いよ♡」

少し、にこに嫉妬を覚えてしまいました

凛:みんな、調子はどんなのかにゃ・・・?既読8

花陽:凛ちゃんと真姫ちゃんとお泊りしてるんだけど.....なんだか皆の声が聞きたくなっちゃって・・・ 既読8

海未:私達も同じですよ花陽? 既読8

気づけば、既読はもう全員分ついていました...本当にみんな考えることは同じなんですね

希:じゃあ、通話する? 既読8

真姫:別に泊まってる誰か一人の携帯でいいんじゃない?大体花陽も凛も一緒にいるのになんでグループに出なくちゃならないのよ 既読8

凛:でも、真姫ちゃんちょっと楽しそうにゃ〜? 既読7

真姫もにこも本当に素直じゃありませんね・・・

66 :名無しで叶える物語(もみじ饅頭)@無断転載は禁止:2017/06/13(火) 20:24:56.23 ID:xRX0B5p0
〜真姫家〜

ことり「あれ?充電切れちゃったのかな?携帯つかなくなっちゃった・・・」

海未「どうしたんでしょうかね?まあ、机の上に充電器があるので差しておけばいいです。同じ機種ですし」

ことり「うん!ありがとうね海未ちゃん」

にこ:あれ?誰か寝ちゃったの? 既読7

海未:ことりの充電が切れました 既読7

何ですかにこ・・・しっかり既読確認してるじゃないですか・・・絵里と希と同じ場所にいるのに・・・

にこ:ところで......既読がずっとついてるけど・・・穂乃果?あんたはこれを見てるの? 既読7

海未「・・・!!」

今の今まで会話が途切れなかったグループに返信がしばらくの間返信がありませんでした

真姫:そういうことよね?穂乃果?今日も穂乃果がからかってただけじゃないの? 既読7

海未:まあまあ、所詮は幻......幻ですからね? 既読7

どっちにしろ穂乃果からは返信は絶対に来ませんしね・・・

昨日もおとといも返信はなく既読だけでしたし......

67 :名無しで叶える物語(もみじ饅頭)@無断転載は禁止:2017/06/13(火) 20:25:56.74 ID:xRX0B5p0
>>66
〜真姫家〜 ✗

〜園田家〜 ○

68 :名無しで叶える物語(もみじ饅頭)@無断転載は禁止:2017/06/13(火) 20:49:11.99 ID:xRX0B5p0
海未(確かに、からかってただけなんでしょうか?私とことりに既読だけなんてどう考えてもおかしいですし)

ことりは私の携帯でグループの様子を真剣な眼差しで見つめていました

よっぽど、ことりもみんなと話せたのが嬉しいのか

それとも、ことりも同じことを考えているのでしょうか?穂乃果が私達をからかっているとことりも考えて・・・?

ことり「・・・」

海未「・・・?」

それにしてもことりは一向に動きませんね・・・誰か返信したのでしょうか?

海未「ことり・・・?どうしたのですか・・・?」

ことり「........」

振り返るとことりは小刻みに体を震わせ息遣いも荒くなっています

海未「どうしたのですか?ことり!!」

ことりはゆっくりとこちらに顔を向け.....たと思えば次の瞬間には布団の中に潜り込んでしまいました

海未「もう....ことりは多少のことにも驚きすぎです.....社会に出てロクな大人に---------」

海未「.....!!」

すいませんことり......どうやら私もロクな大人になりかねません.........

海未「こ・・・ことっ・・・・ことりっ・・・!!!ことりいいぃぃっ!!」ガバッ

一目散に布団めがけて飛び込みました

ポトッ...ポキポキ♪ポキポキ♪ポキポキ♪

携帯は床に落ちたまま通知が鳴り止むことはありませんでした

69 :名無しで叶える物語(もみじ饅頭)@無断転載は禁止:2017/06/13(火) 20:51:54.30 ID:xRX0B5p0
穂乃果:グループ通話が開始されました。既読5

    グループ通話が終了しました

穂乃果:グループ通話が開始されました。既読3

    グループ通話が終了しました

穂乃果:グループ通話が開始されました。既読1

    グループ通話が終了しました

穂乃果:グループ通話が開始されました。

    グループ通話が終了しました

穂乃果:グループ通話が開始されました。

    グループ通話が終了しました

穂乃果:グループ通話が開始されました。

    グループ通話が終了しました



穂乃果:グループ通話が開始されました。


    

70 :名無しで叶える物語(もみじ饅頭)@無断転載は禁止:2017/06/13(火) 20:54:10.61 ID:xRX0B5p0
更新はまた後で

71 :名無しで叶える物語(わんこそば)@無断転載は禁止:2017/06/13(火) 20:56:07.65 ID:3OZZ5xht
待ってるよ

38 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)